ステンドラ(STENDRA)は実は日本発祥?どんなED治療薬なのか解説

ED治療薬をいろいろ調べている人であればご存知かもしれませんが、実は世界で承認されているED治療薬はバイアグラ、シアリス、レビトラ以外にも存在しています。

それがステンドラ(STENDRA)です。

実はこのステンドラ、以外にも日本で開発されていたED治療薬でもあります。

ステンドラの効果も含めてどんな薬なのか紹介していきます。

ステンドラの成分アバナフィルは日本の会社が開発した成分

ステンドラが日本であまり知名度がないのは、この薬がまだ日本国内で承認を受けていないからです。

過去ED治療薬は多くがアメリカなどで承認を受けて、そこから日本に持ち込まれていたため、海外では日本で承認されていないED治療薬薬があっても不思議ではありません。

しかし、ここで驚きなのは、このステンドラの成分である「アバナフィル(Avanafil)」は、実は日本の製薬会社である「田辺三菱製薬」が開発した成分なのです。

日本でこのアバナフィルが開発されたのが2000年より前と予想され、かなり古くに既に開発されていた成分なのです。

日本国内で承認を取ることが難しかったからなのか、田辺三菱製薬はこのライセンスを2001年にヴィーヴァス(Vivus)という会社に譲渡し、このヴィーヴァスという会社が自由に製造と販売をできるようになっていました。

そこからおそらく商品化までに非常に様々な困難があったと予想されますが、ついに2012年、譲渡を受けて10年以上たってからこのヴィーヴァスがアメリカで販売できるよう承認を取ったのです。

その薬の名前が「ステンドラ」です。

つまり、ステンドラの成分であるアバナフィル自体は、古くに日本で開発された成分なのです。

ステンドラ最大の魅力はその即効性か

ステンドラに含まれるアバナフィルの最大の売りは、その即効性の高さにあるといわれています。

薬を服用してから30分以内、おそらく15分以下で効果が発揮できるといわれており、微妙な差ではありますが、従来のレビトラよりも少し早いといわれています。

ED治療薬はそれぞれが非常に独特な特徴を持っているため、3種類の薬がそれぞれ知名度を上げてきているため、そこに、食い込んでいく場合は、やはり何かとがった特徴が欲しいのでしょう。

そこでステンドラの場合は、その即効性を最大の売りとして打ち出しているようです。

有効成分のアバナフィルは50mg、100mg、200mgの三種類が承認を受けています。

当然200mgで服用した方が効果は強くなりますが、即効性がさらに上がるかは不明です。

継続時間は5時間程度ということで、従来のバイアグラと同じような効果持続時間ということになります。

有効成分 アバナフィル
効果が出るまでの時間 15分ほど
効果持続時間 5時間

即効性が高いED治療薬は使い勝手がよく、いざというときに1錠持っていたいということもあるので、レビトラで満足ができなかったり、新しいED治療薬を試してみたい場合は、このステンドラは気になるED治療薬といえるでしょう。

日本の販売はまだ行われていないが…

2019年の状況では、このステンドラが日本で販売されることはまだなさそうです。

すでにヨーロッパではスペドラ(SPEDRA)という名前で、韓国ではゼペダ(Zepeeda)という名前で承認されており販売されています。

また、あの開発元であった田辺三菱製薬が主導し、このスペドラをアジアにも売っていこうという動きが2016年にあり、シンガポールの製薬会社と提携をしたことも発表されています。

このような一連の動きを見ていくと、日本でこのステンドラが承認を受ける日も、そう遠くないかもしれません。

アバナフィルは海外から個人輸入も可能

アバナフィルを含むジェネリックは実は古くからおこなわれており、インドの製薬会社が製造した「アバナ」という名前の薬などが、アバナフィルのジェネリックに当たります。

このアバナは実は個人輸入という形で海外から購入することができ、一部の人はいち早くこのアバナフィルを利用しているようです。

個人輸入は健康被害をもたらすリスクがあり危険ですが、もしどうしても使ってみたいという場合はサイトを調べてみるとよいでしょう。

投稿日: