タダリスSX (Tadalis-SX)の特徴と評判



タダリスSX (Tadalis-SX)は、シアリスのジェネリックです。

正式名称は「タダリスSX (Tadalis-SX)」ですが、SXを省略して「タダリス」ということもあります。

製造元はインドにある「アジャンタ・ファーマ(Ajanta Pharma)」で、このアジャンタ・ファーマは年間売上が350億円ほどあり、ジェネリック医薬品業界ではある程度名前を知られた存在です。

このアジャンタ・ファーマが製造しているシアリスジェネリック「タダリスSX (Tadalis-SX)」の特徴と評判を見ていきましょう。

タダリスSX (Tadalis-SX)の特徴

タダリスSXには、いくつかの特徴があります。

  • 長く持続する効果
  • ジェネリックならではの格安値段
  • 実績が豊富で安心

通常のシアリスと比較しても魅力的な特徴があり、シアリスを検討している人はタダリスSXの利用がおすすめです。

具体的に、それぞれの特徴を見ていきましょう。

効果の持続時間が長く、使い勝手が良い

タダリスSXはシアリスのジェネリックであるため、有効成分に「タダラフィル」が含まれています。

「タダラフィル」は、バイアグラの成分である「シルデナフィル」、レビトラの成分である「バルデナフィル」と比較して、最も効果が持続する時間が長いのが特徴です。

有効成分 効果持続時間
バイアグラ(シルデナフィル) 25mg/50mg/100mg:5時間程度
シアリス(タダラフィル) 10mg:20-24時間
20mg:30-36時間
レビトラ(バルデナフィル) 10mg:5時間程度
20mg:10時間程度

このタダラフィルを含んだ「シアリス」は、2013年時の調査では、バイアグラやレビトラを差し置いて、世界で最も利用されているED治療薬となっています。

ED治療薬は勃起を促す薬であって、性的刺激がなければ勃起はしません。

そのため、性的刺激がないうちは、多少の副作用による体の影響があっても生活に支障はあまりないのです。

男性によっては、一度性行為をしてから睡眠後に、再度性行為をしたい、というときもあります。

そのようなときは、最長36時間効果が持続するシアリスは強い味方であると考えられます。

タダリスSX 20mg 購入はこちら

ジェネリックならではの格安の値段

タダリスSXの魅力としては、その安さが挙げられます。

通常のシアリスと価格を比較してみると、その差は歴然です。

商品 4錠当たりの値段
シアリス20mg 約8,000円
シアリス10mg 約7,000円
タダリスSX 20mg 約1,200円

タダリスSXはジェネリックのため、非常に値段が安いです。

本来、シアリスは2019年現在では特許が切れておらず、そのためジェネリックは製造されないのが基本ですが、インドでは昔は成分の特許が守られておらず、多くのジェネリックが製造されました。

現在はインド政府もこの状況を察し、制度が変わったため、新たに開発された成分は、たとえインドでも特許期間中にジェネリックを製造することはできなくなっています。

しかし、過去に作られた薬のブランドは、引き続き販売ができるようなので、このタダリスSXも、シアリスのジェネリックとして発売がされています。

上記のような事情で製造されたジェネリックであったため、タダリスは偽物や模造品などという意見もネットで上がっていたりしますが、そんなことはありません。

タダリスSXにはちゃんとタダラフィルが含まれており、シアリスと同じような効果がでます。

そして、ジェネリックであるため、金額も非常に安くなっています。

20mg錠では、ほとんど6分の1ぐらいの金額で購入ができます。

まとめ買いができる店舗もあるので、まとめて購入すると単価はもう少し安くなるでしょう。

ED治療薬は、1回あたりの値段が少し高いのがネックですが、タダリスSXを利用すれば1回あたりの値段も300円程度まで抑えられます。

> 全ての種類シアリスジェネリックの値段比較はこちら

利用実績が豊富で安心

タダリスSXは古くから発売されているシアリスジェネリックです。

シアリスの有効成分「タダラフィル」自体は、2003年に既に開発されており医薬品としての利用の承認を受けていました。

その成分をもとに「シアリス」を製造し、販売が進められたのが2008~2009年頃です。

この時期にアメリカで製造販売の承認を受けたほか、日本でも同じように承認を受けて販売を進めていました。

タダリスSX自体がいつ販売開始されたか正確な情報は出回っていませんが、おそらくこのシアリスが販売された直後の2010~2011年頃に発売が進められていたと考えられます。

日本でも購入できるようになったのは、この2011年頃と考えられます。

概要
2003年 タダラフィル 医薬品利用の承認
2008/2009年初頭 シアリス(イーライ・リリー) 製造販売承認
2011年 タダリスSX 日本向け個人輸入開始

個人輸入最大手のオオサカ堂では、すでにこのタダリスSXのレビューが3000件以上あります。

また、最も古い投稿は2011年に投稿されており、2019年現在で8年近く販売実績があります。

長く販売実績があり、また多くの人が利用している実績があり、タダリスSXは安心して利用できるシアリスジェネリックといえるでしょう。

タダリスSX 20mg 購入はこちら

タダリスSXの評判

タダリスSXのネット上での評判は、以下のような意見が挙げられています。

安くてコスパがよいです。
半錠で十分効果が感じられます。
頭痛やほてりが出ますが、効果出ていることが感じられます。
バリフなど他のシアリスジェネリックと比較して、副作用がほとんど出ないと感じます。
しっかりと効果が出ているように感じられます。

多くの人が効果が出ていると実感しているようで、効果については問題なさそうです。

副作用については、あまり症状が出ないという人もいれば、症状が出てきたという人もいるため、人によってかわりそうです。

タダリスSXは20mg錠のみ販売されていますが、シアリスの容量は5mg、10mg、20mgがあり、少ない容量でも効果が出る可能性があります。

ピルカッターでピルを分割して使用すると、より1回あたりの金額が安くなります。

タダリスSXの概要

タダリスSXの概要は以下の通りです。

商品写真
商品名 タダリスSX (Tadalis-SX)
有効成分 タダラフィル(Tadalafil)
容量の種類 20mg
効果と特徴 陰茎周辺の血管を拡張し、勃起を補助する効果があります。
他のED治療薬と比較して、効果持続時間が最大36時間と長く、翌日まで効果を維持できます。
飲み方 性行為を行う3~4時間前に服用します。食事は800カロリー以下であれば影響は少ないですが、空腹時が最も効果がよく出ます。800カロリー以上の食事をとる場合は、食後2時間を開けてから服用するか、あるいは食事の1時間ほど前に服用し、先に体に吸収させる方法があります。効果は10mgで20~24時間、20mgで30~36時間持続します。その間は性的刺激を与えると勃起がしやすくなります。
副作用 最も多い副作用は「頭痛」です。(発生頻度10%程度)
その他は、「潮紅(顔など皮膚が赤らむこと)」、「顔のほてり」、「消化不良」、「目の充血」などが多く報告されています。(いずれも5%以下程度で、頭痛より頻度が少ない。)

*効果や副作用は、シアリスを参照しています。

利用実績が多い成分のため、副作用が出た場合、どんな副作用が出るかはおおよそ想定ができます。

利用する場合は、このような症状にも注意しましょう。

非常にまれですが、重度な副作用の可能性もあるので、予想外の症状が出てきた場合は、すぐに医師に相談しましょう。

タダリスSX 20mg 購入はこちら

投稿日:2019年3月9日 更新日: