ズデナ(Zudena)【ザイデナジェネリック】の効果と特徴



ズデナ(Zudena)はザイデナというED治療薬のジェネリックです。

ザイデナはまだ日本で承認を受けていませんが、今後日本でも発売される可能性がある、注目のED治療薬です。

どんな薬なのか、その効果と特徴を見てきましょう。

ザイデナとはどんなED治療薬か

このズデナ(Zudena)とはザイデナのジェネリックです。

ジェネリックとは、特許が切れることで同じ成分の薬を他社が作れるようになったため、最初にその薬を作った会社とは別の他社から製造・販売された薬のことを指します。

一般的に、最初に開発された薬(先発薬といいます)は、研究開発費の回収があるため値段が高騰しやすく、ジェネリックは研究開発費の回収が不要なため、先発薬よりも安くなる傾向があります。

このズデナ(Zudena)もジェネリックであるため、ザイデナよりも安くなっています。

しかし、使っている成分は同じですから、効果は同等のものが得られます。

つまり、ザイデナとズデナは効果はほぼ一緒となります。

ザイデナの有効成分は「ウデナフィル」という成分です。

広義では、バイアグラのシルデナフィルや、シアリスのタダラフィル、レビトラのバルデナフィルと同じカテゴリーである「5型ホスホジエステラーゼ(PDE5)選択的阻害薬」に該当します。

薬の働きは割愛しますが、簡単にいうと陰茎の血管を拡張して、勃起したときにより陰茎が硬く大きなることをサポートする効果があります。

この5型ホスホジエステラーゼ(PDE5)選択的阻害薬というカテゴリーの中では、ウデナフィルの特徴は、効果時間が比較的長いところです。

成分名 効果発現時間 効果持続期間 発売年
ウデナフィル(ザイデナ) 30分 12時間 2005年
バルデナフィル(バイアグラ) 30分 5時間 1999年
タダラフィル(シアリス) 1時間 24-36時間 2007年
バルデナフィル(レビトラ) 15-30分 12時間 2004年

表を見ればわかりますが、ウデナフィルが発売された2005年では、まだシアリスは発売されていませんでした。

そのため、ザイデナが韓国で初めて発売されたときは、最も効果時間が長いED治療薬でした。

シアリスは効果時間が非常に長くて使い勝手がよいことから、世界中で大人気のED治療薬となっています。

効果時間は非常に重要な効果の一つで、それゆえザイデナは韓国で非常に認知度が高く、発売当初から多くの利用者を獲得したといわれています。

また、効果時間に限らず、利用者の中にはバイアグラよりもしっかりと勃起ができる、という評判もでており、効果も認知度も非常に高まっていました。

「効果時間が長い」、また「韓国国内での豊富な利用実績」が、このザイデナの特徴といってよいでしょう。

なお、すぐ直後により効果時間が長いシアリスが登場したことから、世界中ではシアリスがより有名で多く利用されるようになりました。

しかし今でも韓国国内では利用者が多く、また韓国の利用実績から「アジア人」には特に相性が良いのではないか、という憶測も出ています。

このようなザイデナと同じ成分「ウデナフィル」を含んでいるのがこの「ズデナ(Zudena)」ですから、利用実績が豊富で、しっかりと効果が出せるED治療薬であることには間違いないでしょう。

ズデナ(Zudena)100mg 購入する

ズデナの開発会社

ズデナを製造している会社はインドの「サンライズレメディーズ」という会社です。

会社名自体は日本ではあまり有名ではありませんが、多くのジェネリック医薬品をインドで開発し海外へ提供している、ジェネリック界では名前の知れた存在です。

このサンライズレメディーズは、アバナという、これまた先ほどの有名なED治療薬と同じカテゴリーに属するED治療薬のジェネリックも開発しています。

アバナの有効成分はアバナフィルで、日本ではまだ承認がされていませんが、アメリカではすでに発売がされており、効果発生時間がレビトラよりも早い可能性があることから、最速のED治療薬として注目されています。

ズデナの薬の種類

ウデナフィルは現在一度に100mg服用する方法と、200mg服用する方法が認可を受けています。

日本と同じ韓国人を想定して設定されている容量ですので200mgを日本人が服用することも問題ないでしょう。

バイアグラの場合は、1回100mgが最大容量ですが、日本ではまだ認可を受けていません。

それは、バイアグラ100mgは、日本人よりも平均して体格が一回り大きい欧米人を想定して作られた容量だからであり、体が小さい人がこの100mgを服用すると、薬の効果が強くなりすぎ、勃起を改善する効果は得られますがそれ以上に副作用のリスクが高まります。

その点、同じ体格であるアジア人を想定して作られたザイデナだからこそ、日本人も同じ程度の量を服用しても問題ない可能性が高いです。

ズデナは現在は100mgしか販売がされていません。

そのため、もし服用するならズデナを2錠服用する選択肢も検討は可能です。

しかし、経済的な問題もあるので、少ない容量で効果が出てくれれば、それ以上成分を多くとる必要もありません。

なので、まずはズデナ100mgを服用して、その効果を見ながら、適正な量を考えるとよいでしょう。

ズデナの副作用について

ウデナフィルはバイアグラと比較すると、そこまで副作用が強くはない薬といわれています。

よく発生する副作用は、他のED治療薬と似通っており、頭痛や顔の火照り、鼻づまり、眠気などが挙げられます。

薬の効果が切れればこれらの症状が長引くことはないため、重症化した例はほとんど報告されていません。

安心して利用してよい薬といえるでしょう。

ズデナ(Zudena)100mg 購入する

投稿日: